施設の照明のLED化を促進!高圧電気料金を下げる方法

高圧電気は病院や学校などいろいろな施設で利用されています。
高圧電気の自由化が2004年にはじまり、各電力会社からさまざまなプランが提案されています。
すでに比較検討されコストダウンに成功された施設も多いと思います。
これ以上の電気料金のコストダウンを目指す場合「照明」にポイントを絞って実施してみてはいかがでしょうか。
照明にかかっている電気料金を下げる方法は「数を減らす」ということと「LED化を実施」することで達成できます。
LEDは消費電力が小さいというメリットがありますが、LEDの導入にコストがかかるというデメリットがあります。
その場合は施設の所在している市に「LED関連の補助金」があるかチェックしておきましょう。
受けられる補助金があれば利用し、初期投資を抑えることで導入コストを下げることができます。
このように照明のコストダウンを目指すことで、利用する人々の意識も変わっていきます。
削減された利益を有効活用し、お客さまや従業員、利用する人々に利益を還元していくことができます。
大きな金額の高圧電気料金だからこそ、意識を高めてコスト削減を目標にして進んでいきましょう。
たとえ少しの料金でも、長期的観点にたてば大きな節約になります。