不動産投資先として、アジアの中でもフィリピンが注目

先行き不透明な日本国内の不動産投資より、経済成長が続くアジアの不動産投資のほうに魅力を感じる投資家が増えています。
ただ、アジアの国と一口にいっても、日本よりも不動産価格が高い国もありますので、どこの国でも良いというわけではありません。
また、国によって政策や制度が違いますので、投資スタンスも違ってきますので注意が必要です。
たとえば、シンガポールは東京よりも不動産価格が高くなっていますので、投資先としては魅力が薄れています。
またマレーシアの場合は、2014年から購入価格に対して規制されるようになり、3000万円以上のコンドミニアムしか購入できないようになっています。
それに比べて、フィリピンは日本よりも物価が低く、不動産投資先として注目されています。
もちろん、ただ不動産価格が安いだけでは投資先としての魅力はありません。
不動産が今後値上がりしなければ利益を上げることができません。
現在フィリピンは日本が高度経済成長を実現したような状況に似てきています。
今後経済成長を期待することができ、それに呼応するかのように、都市部への人口が増加が予想されています。
人口が増えれば、必然的に不動産価格の値上がりが期待できますので、いま、まだ不動産価格が値上がりする前がチャンスなのです。
https://philippines.marimo-outbound.com/philippine/point3.html